万養胆 of 秋山産業

万養胆PicTexOriginalW760H200の.jpg

希望小売価格   12,000円(税別)
内 容 量   52.5g(250mg×210粒)
原 材 料 名   トレハロース、セイソウシエキス末、コーンシルクエキス末、コーンスターチ、
  田七人参エキス末、ガジュツ末他

     「肝臓、血圧、糖尿の原因は一つだった」青春出版社、大阪薬科大・馬場きみ江教授
1995. 「田七人参に含まれるサポニン配糖体ジンセノシドRg1が、肺癌、肝臓癌などの動物実験で抗発癌作用のあることを発見」
1992.日本癌学会、1995.日本薬学界・京都薬科大 木島教授
1996. 「三七人参の肝障害モデルラットに対する効果」を発表 富山医薬大・和漢薬研究所、難波恒雄教授 内田重利教授
1997. 「肝臓保護作用成分ジンセノシドRe、ジンセノシドRg1からなる肝臓保護とその製造法」をアメリカのPhytomedicineに発表、富山医薬大
1993. 「セイソウシ熱水抽出物の抗アレルギー作用」発表、日本アレルギー学会、 国立公衆衛生院・今岡教授
1996. 「セイソウシ熱水抽出物のウイルス性肝炎、アルコール性肝炎などの肝障害を抑える肝保護作用」発表、日本薬学界、富山医薬大和漢薬研究所・長谷教授
1998. 「セイソウシ熱水抽出物が、マウス結腸癌が肝臓に転移するのを抑制」 日本薬学学発表、富山医薬大、和漢薬研究所
2007.7.13. 「青しょうし由来の予防、治療用組成物」で特許第3984288号 富山医薬大・秋山産業の共同研究
1992. 「南蛮毛熱水抽出物のⅠ型アレルギー反応に対する作用」 和漢医学会、富山医大、和漢薬研究所
1980. 「南蛮毛のインターフェロン誘起能、抗ウイルス活性について」 和漢医学会・北里研究所 小島教授
2010.頃  「コーンシルクエキスのデドックスむくみラットの利尿作用試験や活性 酸素消去能試験」  松浦薬業試験開発センター
     「肝障害治療薬の開発を目的とする和漢薬の研究」 富山医薬大・和漢薬研究所
     「ガジュツのエンドトキシンショック抑制作用成分」 京都薬科大・生薬学教室、日本薬学会他
     「ガジュツは強力なピロリ菌除菌食・・・」 水野修一(敬天会、東和病院医師)
     「胃ガン・胃炎の原因はピロリ菌か」 榊 信宏(東京都立駒込病院)













slide0001_image003.png